三尊、逆三尊、ダブルトップ、ダブルボトムの厳選方法

目次

  • 三尊逆三尊エントリーポイント
    • エントリーポイントの後押しとなる材料(GMMA,水平線)
    • GMMAの使い方
    • 左肩に水平線を引くタイミング
  • ダブルトップ、ボトムのエントリーポイント
    • エントリーポイントの後押しとなる材料
  • 利確損切タイミング
    • どのように立ち回るか
  • 優位性の高いパターン
    • 理想な形とは
    • トレンド終焉とは
    • ネックラインと左肩
    • 失敗パターン
    • 応用 失敗パターンでのエントリー
  • マルチタイムフレーム分析で扱う時間足
    • 上位足と下位足の組み合わせの例
    • 上位足の方向に逆張り
    • 状足の方向に順張り
  • おまけ バイナリーオプションでも可能

 

 

三尊、逆三尊エントリーポイント

右のショルダー(右肩)です。

 

 

エントリーポイントの後押しとなるGMMA、水平線

水平線GMMAを使いエントリーの後押し材料とします。GMMAとは複数の移動平均線を表示したものです。

 

①三尊の形ができそうなときに、水平線を左肩のロウソク実体の高値(安値)に引く

②水平線の価格帯で反発を確認

③反発と同時にGMMAでもエントリー可能な状態であること確認しエントリー

 

水平線ですが髭先でも実体大丈夫です。その価格付近で反発した、という事実が重要です。

 

補足 GMMAでエントリー可能ポイント

紫の縦ラインはショートが可能な場所です。

① 緑束が赤束を貫こうとしている。貫く前に、1度緑束赤束で空間がある事、赤束が水平に近い事、緑束の間隔がせまく1つの束になっている事

② 傾きのある赤束に反発

③ 緑束が1度交わってから、突き抜けずにまた離れるように反発

三尊を形成するときは①の時の形になりやすいです。②、③はトレンド中に起こりやすいです。

水平線を引くタイミング 三尊ができそうな時

 

三尊ができるまでの流れとしては、だんだん上昇が緩やかになっている状況(そろそろトレンド終了)で最後の力を振り絞って上昇したが、押し安値まで下落。赤矢印のように左肩高値を超えられず三尊完成という流れです。

水平線が引けるタイミングとしては、早くて最後上昇後、遅くとも押し安値まで下落した時に、左肩を高値に引けます。

まとめ

「左肩価格を超えられなかった事」「GMMAでのエントリー可能ポイント」「三尊の形」

という 3つの根拠を組み合わせました。この中で最低2つ、とくにGMMAでエントリー可能というのは必ずほしい条件です。

よくあるのが、右肩が左肩の価格と離れてしまっている、引いた水平線に達しなかった時もあります。こういった場合はGMMAでタイミング測るイメージでエントリー可能です。

 

ダブルトップ、ダブルボトムのエントリーポイント

2つ目の山ができ始めた所でエントリーです。

ネックラインを突破できないときは同値撤退します。

ポイントは、1つ目の山がトレンドラインをブレイクしている事が必要条件です。

エントリーポイントを後押しする材料

パターンA(山の高さが同じ時)

①トレンドラインを割った山の最安値、最高値に水平線を引く

②水平線での反発を確認しエントリー

注意 ネックラインで跳ね返されてレンジを作る場合がある。その場合は同値撤退するか、ネックラインでのロウソク足を見て利確するとよい。

 

水平線とトレンドラインがダブっているところでのエントリーは高確率で決まりやすい。

パターンB(山の高さが違う場合)

①トレンドラインを割ったことを確認

②1つ目の山の高値安値付近で小さな、三尊逆三尊やダブルトップボトム、髭が多いロウソク足ができる。

 

1つ目のショートが、タイプB

2つ目のロングが、タイプA

まとめ

A,Bパターンどちらもしっかりとトレンドラインを割っているのがポイントです。

トレンドラインを割るときは、実体が大きめのロウソク足が3つ以上あるような勢いのある状態でブレイクしているのの事が理想。例えば下降中であれば、その下降中にはなかったような大きな戻りが起きそれがトレンドラインもブレイクしたことから、そろそろ上昇に転じるのでは?と思わせるような動きがあったほうがいいです。

このダブルトップのできるまでの流れとしては、

トレンドラインブレイクで勢いづいたが、押し安値、戻り高値までは届かずダウ理論的にはまだトレンドは変わっていない。

まだトレンド方向のエネルギーがありトレンド方向にすすむが、トレンドを継続するエネルギーが足りずダブルトップの右の山を作ったという事です。

 

 

 

 

利確タイミング損切タイミング

利確ポイントは直近の意識されている水平線や、複数回意識されている高値安値に置き、部分利確していくとリスクを抑えながら利幅を狙えます。エントリーの損切stopはドル円5分足であれば10pips程度です。

損切タイミングは早めに

三尊ができたので、赤矢印付近でショートエントリーです。

緑で囲った部分に注目してください。GMMAが上昇示唆しているのがわかります。この時点で手動で損切してください。この場合は、かなり低い損失で済みます。

また、GMMA的に損切と同時にロングしてもいい場所でもあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このダブルボトムの場合。下髭の名長い陰線ができた後にロングエントリーの条件が揃いました。

しかしまったく上昇していないのがわかります。ダブルトップボトムの場合は左山の高値安値を実体で超えてしまった時点で損切ってください。

まとめ

この手法は、逆張りです。逆張りの手法は、思うようにならなかった時にいかに早く損切れるかが重要だと思っています。逆張りの失敗パターンは、損切を巻き込んで一気に損が膨らむ傾向があります。

慣れてくると、損切を巻き込んだエントリーも可能になります。

 

 

 

どう立ち回るのか

 

FXのトレードで大切な事は、

上がるか下がるかの予想を当てるだけではなく、値動きに対してどのように対処するかです。具体的にどういうことかというと、どのタイミングで損切をするのか、損切をしないのか、どのタイミングで利確をするのか、利確をしないのかを、考える事です。例えば以下を見てくさい。

紫エリアでショートしたと仮定します。結果的に下がっているの予想はあたりましたね。

ですが、下がっていくまでの過程に着目すると、逆行して上昇に転じています。GMMAの短期束も上抜いており、損切検討ポイントです。ここでうまく立ち回れた方は、浅い損切ですませ再度下落していった際に再びショートを入れられるとしっかり損切分を回収できさらに利益も出せたかと思います。このように予想外の値動きに対して冷静に対処できた方は、効率よく利幅を伸ばせるのです。

1回も2回目も立ち回り方を失敗すれば、損失を出してしまいますし、うまく立ち回れば、利益は出せたかと思います。

1つ目ショートエントリーでは、早めに損切した方は、また落ちてきた際にエントリーしなおすか悩むと思います。

逆に自信をもってエントリーする方もいるでしょう。

つ目ショートエントリーでは、1つ目で反応した水平線がレジスタンスとして機能したので、次はサポートラインに変わるかも、早めに利確しておこうと思える方は、少しではありますが利益は出せたでしょう。

このように、うまく値動きに対処していくには、自分で検証してみるに尽きるのではないでしょうか。

検証を重ねるごとに値動きのパターンを覚えていきます。FXは、利確損切タイミングも自分でしないといけないので、検証の際は、水平線で反応した後どういう挙動しているのかに注目してください。

 

優位性の高いパターン1つめ

三尊の形が理想的

  • 三尊形成時に、頭の部分が、小さなダブルトップ右肩も小さな三尊を作っている。
  • ヘッドのトレンドライン3点目と水平線が重合している所で反発している。

このように、頭がダブルトップ、ボトム、三尊のような形を作ったような大きな三尊が、優位性の高い三尊といえます。

また今回はヘッドのトレンドライン3点目という根拠も相まって大きく反発しれているのがわかります。

 

※ここでいう「小さな」とは赤のGMMAがあまり動いていない状態で作っている三尊、ダブルトップの事です。

トレンドが転換しやすい状況にできた三尊

さきほどのチャートを拡大させていきます。

赤い線で示したように、長い時間をかけてできたトレンドが緩やかになってレンジに近い形になっているのがわかります。その際に1度GMMAの赤束を少し突き抜けました。また小さいですが突き抜けるまえにはかなり小さいですがダブルトップになっています。つまり下落転換を1度試したという事です。

こういった場合は次に下落のパターンが来た時反応しやすいです。

 

このように長時間かけてできたトレンドは急に変わるのではなく、徐々に変わっていくことが多いです。

また小さい三尊やダブルトップは、今回紹介する中ではエントリーポイントとしては乏しいですが、それが1度現れた、という事も次につながる根拠にはなっています。

 

優位性の高いパターン 2つめ

下の画像は、ヘッドが優位性の高いダブルトップである三尊です。つまり2回エントリーチャンスがある状態です。

優位性の高いダブルトップ

一言でいうと損切を巻き込むようなダブルトップだからです。

ダブルトップのネックライン付近のに逆三尊があるのがわかるだろうか。ロングエントリーとしては合格である。しかしほとんど利幅を作らず、水平線で表したダブルトップ左山の価格帯でちょうど大陰線をつくった。

流れを説明すると、「トレンドラインを割ったが逆三尊ができた。しかし結果的により大きなダブルトップに形になった」振り回され結果にはなるが、下落の勝利という事である。このように小さめの三尊ができたがうまくいかず、拡大するとダブルトップ、というときは、損切を巻き込んで下落に走りやすいです。今回のイメージとしては、「逆三尊」vs「よりおおきなダブルトップ」で、勝ったほうに巻き込んでいくようなダブルトップは優位性が高いです。

優位性の高い三尊

左肩高値が、ネックラインとレジサポラインになっている。

このように、左肩がネックラインとなった場合は決まりやすいです。

間違いやすいパターン

三尊の頭と右肩の付け根の安値(逆三尊なら高値)がGMMAで反発しているときにできた小さめの三尊逆三尊は優位性は低いです。この形はトレンド中に形成しやすいです。

応用 失敗三尊+ダブルボトム、失敗逆三尊+ダブルトップ

オレンジ線で示したように、逆三尊ができています。ですが赤束が分厚くGMMA的には微妙な逆三尊かとおもいます。

その状況で、ダブルトップを作りました。この場合はショートエントリー可能です。

失敗逆三尊+ダブルトップの形+黄色トレンドライン割+ピンク水平線+GMMA反発

という根拠ができました。

上図がイメージ図です。

あとからできたダブルトップ、ボトムが優先です。

 

まとめ

優位性の高い三尊を判断できれば、大きな値幅が狙えます。また5分足のような小さな時間足でも有効に機能します。

このように、パターンはあくまで根拠の1つです。それにさらに根拠加点していくイメージです。

本質的な事を言えば、三尊を形作るに至るまでのストーリー、シナリオが大切という事です。

こういったストーリーを意識できてトレードができるとより自信をもってエントリーが可能です。

 

 

マルチタイムフレーム分析

最後に、2種類の時間足を使いより勝率の高いものに仕上げたいと思います。

ここで紹介した手法というのは、基本的には相場の転換を狙う逆張りの手法となります。逆張りの手法全般で注意したいのが、上位足が強トレンドの際に逆張りをすると上位足に巻き込まれやすいという事です。強力な意識される水平線がある場合は勢いがあっても反発される事はあるのですが、それがないときは巻き込まれやすいです。

つまり逆張りを狙うは、上位足がレンジの時上位足の押し目や戻り目の時、に絞るのがおすすめです。

マルチタイムフレーム分析を行う上でGMMAを使用します。前の章で説明したのは、主にエントリータイミングについてです。この章を理解するうで知っておいてほしい事が、パーフェクトオーダーです。パーフェクトトオーダーとは、EMAがすべて同じ方向をむいており、強トレンドだということです。

そして今回紹介するのは5分足と1時間の組み合わせです。

 

上位足に逆らうと負ける例

こちらGBPJPYの5分足1時間足。紫の縦ラインが同じ時間を示しています。

5分足で、ダブルボトムの条件を満たしていますがお見事に負けています。

1時間足ではGMMAが下降のパーフェクトオーダーなのでロングエントリーは控えた方がいいです。

 

上位足のトレンド方向に逆張り

こちらAUDJPY。今回5分足でダブルトップが完成したのショートエントリーしましたがしっかりと決まりました。

上位足を見てみるとちょうど赤束に緑束がぶつかっており、戻り目を形成しそうという状況でした。

 

上位足のトレンド方向に順張り

AUDJPYの通貨ぺア。1時間足で紫で囲まれた3月7日の22時~3月8日15時までの範囲は強めのパーフェクトオーダーになっています。

緑束と赤束に隙間がある状態なのでかなり強くほとんど戻り目を作らず下落しています。

そのときは押しや戻り幅は小さいので。5分足で、補足GMMAの章で紹介した②と③のパターンでエントリーできます。

「② 傾きのある赤束に反発」

「③ 緑束が1度交わってから、突き抜けずにまた離れるように反発」

 

バイナリーオプションで使う場合

バイナリーオプションでもこの手法は可能です。

その場合はチャートは5分足、ハイローの15分満期を使います。

FXとは、エントリー場所や条件が若干違います。

この三尊ができたときに以上のような水平線、トレンドラインが引けると思います。

(ヘッドの部分は、引ける場合とそうでない場合がある。)

このラインや線が2本以上で交わる場所に価格が到達したときに逆張りエントリーです。このポイントは、高確率で髭を作って実体の終値がラインの中に納まります。

以下の図のような状態であれば勝ちという事です。

 

バイナリーオプションで水平線を使った場所での15分満期ロジックは比較的定番のロジックです。ここでよくあるのが、水平線を髭先に引くのか、実体に引くのか迷うかと思います。そこで正解は意識されいる場所、なのですがそれは反発を見てみないとわからないです。

自分的には、一番反応している場所にひいていいます。コチラの記事で詳しく説明してあるので見てください。

それを解決するために、トレンドライン、斜めのラインを採用することでより根拠を増やしました。

水平線と、ヘッドのトレンドラインが交わっている所でローエントリーしました。

 

以上が手法の内容となります。質問はお気軽にどうぞ!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました